上司の家に行き、上司の妻とセックスする

  • #1
  • #2
  • 0


    辰巳は入社以来、部長の水川に憧れており、部長の妻でもある。水川さんはとても美人で、仕事もとても上手です。辰巳は部長の監視に追われていたため、ミスをして叱られることも多かった。隣の席の同僚も気づいて諦めるよう忠告したが、水川は手の届かない存在だった。それはわかっていても、彼女への気持ちを無視することはできなかった。部長のことを考えるのに忙しくて書類を仕上げる時間がなく、仕方なく辰巳は残って仕事をすることになった。偶然、水川は忘れ物をしたので会社に戻った。それでも頑張っている辰巳を見て、飲みに誘った。達海は水川のとても優しい姿を初めて目にし、以前にも増して彼女に惹かれていった。水川も同様で、理由は分からないが辰巳と一緒にいるととても安心感があり、何でも打ち明けられる。 2人の距離は徐々に縮まり、水川は積極的に唇にキスをした。二人は照れながらも、水川はすぐに辰巳をよく行くホテルに案内した。ここは彼女の秘密の場所、すべての悩みを忘れるために使っている場所です。でも今日はタツミと一緒にこの場所にいて、一つになり、気持ちを分かち合いたかった。そしてその後、二人はお互いの気持ちを知りました。翌日、水川は辰巳に目的書類のやり直しを強要し、残業をさせられた。そしてその夜、二人は会社で愛し合い続けた。残念なことに、この場面は辰巳の同僚によって録画され、社内に拡散されてしまいました。水川の夫は事態を沈静化させるために彼女を大阪支社に転勤させ、辰巳を解雇したいと考えている。しかし、水川は決断した。彼女は全てを捨て、夫と離婚して辰巳を追っていくことを決意した。将来がどうなるか分からず、辰巳と狭い部屋で同居することになった水川だが、これまでの裕福な生活では得られなかった幸せを感じていた。こっそり「こっそり」監督の妻
    XVIDEOSXNXX